楽学宅建 基礎の基礎〈平成23年版〉
楽学宅建 基礎の基礎〈平成23年版〉植杉伸介

住宅新報社 2010-11-27
売り上げランキング : 250075

Amazonで詳しく見る

宅建の基礎の基礎ということで、宅建というものがどういう仕事なのかがうっすら分かる感じでしょうか。
事業所に付き4人に1人は、資格取得者を置かねばならないという、設置義務がある。
宅建は独占業務であるので、代わりがきかないのが強い。

◇この本を読んで分かったことは、
宅建業法というのは、不動産に対して知識が少ない一般の人が、知識のあるプロに騙されて、損を被らないようにという役割で作られた法律ではないかなあと感じた。

不動産に強くなりたいので、引き続き学んでいこうと思う。
それから、不動産の価値をきちんと独自に算出できればいいと思うので、不動産鑑定士なども面白いのではないかなあと思う。

sponsered link




sponsered link

posted by やすボーイ@成功コンサルタント at 2011年02月22日 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:不動産、投資経営
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
カテゴリ
サイト内検索です^^
カスタム検索
with Ajax Amazon
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。