33歳で資産3億円をつくった私の方法
33歳で資産3億円をつくった私の方法午堂 登紀雄
三笠書房 2006-02
売り上げランキング : 8071
Amazonで詳しく見る

30代で差をつける「人生戦略」ノート―最短・最速で結果を出す「頭と時間」の使い方 お金の才能 お金の流れを呼び寄せる 頭のいいお金の使い方 大事なことは3秒で決める! 資金ゼロから3億つくる“反常識”発想法 お金がいままでの10倍速く貯まる法

投資&運用の財テク本。

自分はこうしてお金持ちになったという話はあまり書いていない。
「ああしろ!こうしろ!」というスタンスではなく、むしろ、「こういう方法もある、ああいう方法もある」と色んなやり方を紹介してくれている。
何がいいかは、本人次第のところがあるので、選択の余地を残してくれているということだろう。

この本に書いてあることの大部分は、金持ち父さん本を読んでいればすでに知っている知識だ。
復習しながら、新しい知識がないか探しながら読んだ。重複しているものはあえてメモらなかった。

読んだメモ
  • サラリーマンでも確実に節税できる方法
    • 自分自身の法人を作る。今勤めている会社との間の雇用契約を解除し、あなたの会社との業務委託契約にする。
    • 相手にとってもメリットがある。社会保険料負担が減る。給与は、経費扱いできる。
  • 競売物件は、時間と資金に余裕がある人向け。
    • 今は多くの人が競売に参加しているため一般市場と同じくらいの値段になっている。(出版2006年)
    • ローンが使いにくい。
  • 選ぶなら断然プライベートファンド
    • リスクが高いと書いてある本もあるが、リスクヘッジの技術に関しても超一級。
    • 組成運用している人は優秀な人たち。
  • スキルが備わってからでは永遠にチャンスが来ない
    • 起業に必要なのは、情熱と行動力!!
  • 情報起業は時代遅れ、儲からないと言うがそんなことはないまずやってみよう!!
  • メルマガ
    • タイトルのつけ方
    • 要約文の書き方
    • 読者数の増やし方
    • 相談メールへの対処
    • 効率的にメルマガを書く方法
    など多くのことが学べた。
  • 不動産、金融への投資は、利回りはよくて20%、未公開株は当たれば大きいが外れれば紙くずでも、ビジネスなら青天井!!
  • 起業をすると「投資の魅力」が霞んで見える!!!!!

◆感想
この本の題名は「33歳で」という「若くして」という所を全面に出しているが、もっと驚くべきことは、一年でそれだけの資産をつくったというところ

それにしても、一年でなぜそんなに増えるのかと思った人もいるかも知れないが、金持ち父さん本に書いてあったように
自分でビジネスをして増やす投資法が一番効率がよく増えるので、結局の所は、そういうやり方をしたのだろうということが伺える。

同じ著者の読書術の本。
ー頭のいい人だけが知っているーお金を稼ぐ読書術ー33歳で3億円をつくったインプット・アウトプット法ー
ー頭のいい人だけが知っているーお金を稼ぐ読書術ー33歳で3億円をつくったインプット・アウトプット法ー午堂 登紀雄

ビジネス社 2009-06-25
Amazonで詳しく見る

知的生産力を鍛える!「読む・考える・書く」技術―あなたのアウトプット力を飛躍させる50の方法 お金の才能 33歳で資産3億円をつくった私の方法 お金の流れを呼び寄せる 頭のいいお金の使い方 30代で差をつける「人生戦略」ノート―最短・最速で結果を出す「頭と時間」の使い方




sponsered link




sponsered link

posted by やすボーイ@成功コンサルタント at 2011年07月08日 17:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:投資、マネー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
カテゴリ
サイト内検索です^^
カスタム検索
with Ajax Amazon
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。