プロが教える競売不動産の上手な入手法 改訂第9版
プロが教える競売不動産の上手な入手法 改訂第9版山田 純男 竹本 裕美
週刊住宅新聞社 2010-06-22
Amazonで詳しく見る

競売不動産を買うときの基礎知識 【マンガ図解】不動産競売なら1千万安く家が買える!! 元手300万円で資産を永遠に増やし続ける方法 安心できる競売物件の見方・買い方―危ない物件の見分け方 不動産競売のしくみと物件入手マニュアル―すぐに役立つ

  • 競売は、昔は暴力団関係者などが牛耳っていており、素人が手をだすものではないと言われていたが、インターネットでの情報閲覧や期間入札のシステム導入によって一般人も参加しやすくなった。
  • 更に居住者の立ち退きも法律で容易に
  • バブル崩壊後、大量の物件が出て旨味があった。最近は需給があっていたが、リーマンショック後また、増えた。
  • 瑕疵担保条項がないので注意が必要。
◆感想
もちろんリスクもあるので慎重に。
やるなら旨みがある時期かどうかを見極めないといけない。

sponsered link




sponsered link

タグ:不動産 競売
posted by やすボーイ@成功コンサルタント at 2011年07月14日 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:不動産、投資経営
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
カテゴリ
サイト内検索です^^
カスタム検索
with Ajax Amazon
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。