ビジネスマンのための右脳・左脳活性化ハンドブック―速読法で脳力50%アップ!
ビジネスマンのための右脳・左脳活性化ハンドブック―速読法で脳力50%アップ!新日本速読研究会 川村 明宏
PHP研究所 1992-09
売り上げランキング : 452686
Amazonで詳しく見る

決定版!! 速読トレーニング もっと目で右脳を鍛えるDS速読術 ロバート・アレンの実践億万長者入門 ― 生涯続く無限の富を得る方法 「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書) マインドマップ資格試験勉強法
「ページめくり訓練」は、早く読むために早くページをめくるのだと思っていたが、
主目的は、左手の運動のためにするのだということが分かったのが一番大きい。

左手を訓練して、右脳の花を開こうというものだ。
 

◆読んだメモ
  • 音声変換の癖から離れて読む。音声化しない。
    • 音声化すると⇒ゆっくりなスピードでしか読めない。
    • 映像的に理解することが可能。
  • 見る順序が違っても頭で再構成して理解する⇒並列読み
  • 左脳の意識を希薄にして考える。
  • アイディアを出すのは右脳。左脳ではない。
  • 算盤高段者は、右脳(映像)を使って、暗算する。
    • だから高速計算ができる
    • 普通の人は、左脳でやる。
  • キーワード速読は、真の速読ではない。限界がある。
  • 半無意識という状態の難しさ。
  • 「ページめくり訓練」をおろそかにしてはいけない。おろそかにすると限界が来る。
    • 2、3倍で止まってしまうらしい。
  • 視野拡大トレーニング。迷路など。
  • 速読術は、記憶術ではない。
  • 究極の速読術=「ブロック読み」
    • 文章を文字の塊で読む。
  • 見るスピードを上げると、まず記憶する部分がついていけなくなる。
  • 意識を使ってトレーニングしてはいけない。


◆読んだ感想

自分は音声化しない事はできるようになってきている。
二行読みもギリギリ出来るかできないかぐらいになってる。
上達してきていると思う。しかしまだ、もっといけるのではないかと思う。

ソロバンのことですが、実は僕は子供のときにソロバンをやっていたんですが、暗算だけがどうしてもできなかったのです。これは今から考えれば、右脳が活性化してなかったのだと思います。ソロバンの暗算トレーニングも有効だと思います。

また将棋などもいいでしょう(^^)

<目と脳がフル回転!> 即効マスター らくらく速読ナビ<目と脳がフル回転!> 即効マスター らくらく速読ナビ
松田 真澄

<目と脳がフル回転>速読らくらくエクササイズ 試験に受かる1日15分速読勉強法 速読術 トレーニング ソフト 速読ワールド 完全版 ■初級~上級編■5倍から30倍アップ■特典付■人気No.1 齋藤孝の速読塾―これで頭がグングンよくなる! 3週間「速読」ビジョントレーニング


sponsered link




sponsered link

タグ:速読 右脳 左脳
posted by やすボーイ@成功コンサルタント at 2011年08月10日 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:速読、学習
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
カテゴリ
サイト内検索です^^
カスタム検索
with Ajax Amazon
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。