拝金
拝金堀江 貴文 佐藤 秀峰

徳間書店 2010-06-17
Amazonで詳しく見る

成金 君がオヤジになる前に 「人生論」 (ロング新書) お金はいつも正しい 新・資本論 僕はお金の正体がわかった (宝島社新書)
小説によって、突き抜ける感じを追体験してもらいたかったということらしいけど、
金持ち父さんなどで突き抜ける感じを知っている自分にとってはあんまり参考になるものはなかった。
小説としての表現の旨さも全く無い。

欲望に溺れた感じが吐き気がする。一言で言うなら下品。
ワインがどうとか女性がどうとかいうところが特に。

堀江 貴文氏の人間性が現れている。
彼は、欲に溺れて自滅したんだと思う。



sponsered link




sponsered link

posted by やすボーイ@成功コンサルタント at 2011年10月29日 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:投資、マネー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
カテゴリ
サイト内検索です^^
カスタム検索
with Ajax Amazon
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。