「バカ売れ」キラーコピーが面白いほど書ける本「バカ売れ」キラーコピーが面白いほど書ける本
中山 マコト

バカ売れキーワード1000 「バカ売れ」キャッチコピーが面白いほど書ける本 売り上げがドカンとあがる キャッチコピーの作り方 (日経ビジネス人文庫) ネットで稼げるコピーが3日で書ける! セールス文章実践ドリル 「バカ売れ」タイトルが面白いほど書ける本

読みました。他のコピー本とだいたい同じですかね。
つまり基本は同じということかな。

◆キラーコピーの11の法則
  • 日付時間を入れる
  • 署名をする
  • 質問疑問に答える
  • 物語を書く
  • ニュースにする
  • 物語を途中で終わらせる
  • 好奇心を煽る
  • 正直に伝える
  • レアであることを伝える
  • 共通するものでくくる
  • なるほどと思わせる
一人の人にズドンと刺さればいい。それがキラーコピー。
ラブレターのようにコピーを書く。
5つの心理レベルに合わせてコピーを変える。



sponsered link




sponsered link

posted by やすボーイ@成功コンサルタント at 2012年01月14日 11:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:ビジネス、仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
カテゴリ
サイト内検索です^^
カスタム検索
with Ajax Amazon
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。