お金の話をやさしく伝える本お金の話をやさしく伝える本
本田 健

お金と人生の真実 お金のIQ お金のEQ (サンマーク文庫) 幸せな経済自由人の金銭哲学 マネー編 (ゴマ文庫) 90日で幸せな小金持ちになるワークブック (ゴマ文庫) 「ライフワーク」で豊かに生きる (サンマーク文庫)


読みました。

本田健さんの今までの書籍と大部分内容かぶってますが、
相変わらずいい内容です。

親と子供がお金について学ぶという視点の本です。
プレゼント用としてもいいかも(^^)

◆読んだメモ
社会には、自由人と不自由人がいる。

幸せなお金持ちへの道
 自分が好きな事を見つける。
 お金について学ぶ。
 自分の才能を周りの人と分かち合う。

お金のIQ お金のEQ

お金にまつわる過去の痛みを癒す
お金抜きでものごをと考える
最高に豊かな人のように行動する

分かち合いが豊かさを産む

お金をめぐる近未来
 生きていくのにお金が必要だという観念が薄れる。
 現金をもたずに生活できる。
 所有という概念が薄れる。
 物をたくさん持つより体験をしたいと思うようになる

幸せなお金持ちに共通する性格

愛にあふれた家族を作る
夫婦の信頼関係
子供の夢を応援する

子供の問題解決力を高める。

応援され上手。

◆読んだメモ

お金をめぐる近未来の
 生きていくのにお金が必要だという観念が薄れる。

ですが、これはホリエモンの本に書いてあったことと同じですね。
今まではずっと、生きていくために働くという概念が一般的でしたが、

これからはそうでなくなると。
 自分の楽しみのために人は働くようになると

生きていくために働くなくてもいいなら、人は働かなくなるんじゃないかと思う人がいますが、
そうではなくて、暇なので何かしたくなる。

その何かっていうのは、やっぱり人のためになることのほうが、
自分だけが楽しいうれしいよりも数倍、充実感がある。
自分の楽しみと人の楽しみはつながってる。

それを求めて人は働く様になるということです。

今でもそういうふうに働いている人はいますが、まだまだ少なくて、
時間が立つに連れ、そういう人の割合が増えてくるということですね。

sponsered link




sponsered link

posted by やすボーイ@成功コンサルタント at 2013年01月11日 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:投資、マネー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/312623204
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
カテゴリ
サイト内検索です^^
カスタム検索
with Ajax Amazon