罪と罰―ナニワ人生学 (ハルキ文庫)罪と罰―ナニワ人生学 (ハルキ文庫)
青木 雄二

ナニワ金融道 ゼニのカラクリがわかるマルクス経済学 (講談社プラスアルファ文庫) 青木雄二の「漫画と図解!」女とゼニのカラクリ (廣済堂ペーパーバックス) ゼニの人間学 (ロング新書) 青木雄二の!「漫画と図解」ボロ儲けのカラクリ (廣済堂ペーパーバック) ザ・青木雄二―わしのアタマのなか全部見せたる!


読みました。

マンガ「ナニワ金融道」の作者の人です。
共産主義者。無神論者。

前半のギャンブルがいかに胴元に搾取されてるかっていう仕組みの話は、
よく分かってるんで、得るものないかなあと思って読み進めたんですが、

後半は、著者の人生経験からくる話が満載で面白いです(^^)。
かなりゲスい内容もあるんですが・・・(^^;)

マルクスのお陰でバブルを回避し、
ドフトエフスキーのおかげで「ナニ金」ができた
そうです。

マンガ引退して悠々自適な生活をおくるということらしいですが、
現在はもう亡くなってます。参照:青木雄二

この著者の一番気になった点は、

資本家が労働者を搾取して儲けてるというという所、
でも、資本主義からしたら、リスクプレミアムを得てるだけとも考えられるわけで、

その辺どちらが正しいのかって話になると難しいところだと思いますが、

経営にはリスクが有るわけだから、
リスクプレミアムだと考えるほうが正しいと自分は思いますけどね。
sponsered link




sponsered link

posted by やすボーイ@成功コンサルタント at 2013年05月20日 06:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:投資、マネー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
カテゴリ
サイト内検索です^^
カスタム検索
with Ajax Amazon