「ランチェスター経営」がわかる本―儲けのしくみ、教えます!「ランチェスター経営」がわかる本―儲けのしくみ、教えます!
竹田 陽一

小さな会社☆社長のルール 小さな会社★NO.1のルール ランチェスター経営1位作りの成功戦略 プロ☆社長 小さな会社★集客のルール ランチェスター経営 ホームページ成功戦略 小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略


読みました。小さな会社がとるべき戦略。
ランチェスター経営について。
小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略
小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略竹田 陽一 栢野 克己

フォレスト出版 2002-11-01
売り上げランキング : 2838


Amazonで詳しく見る

こちらの本をホントは読みたかったんですけど、
なかったので、同じ著者の似たような本読みました。

ランチャスター経営についてですから、
内容は同じだと思うんですがね^^;

◆読んだメモ

コストの比重
 お客づくり関連 80%
 内部関連 20%

お客を作って売ることが第一

営業費用が粗利益の70%を占める
 100万円の粗利益なら70万円が営業経費として消える
 内勤者の給料などで23万が出て行く
 残りは7万円

競争相手と経営力が10倍の開きがあるとき、
 本当の力関係は、100倍もの開きになる
 二乗になる

一位を作れば経常利益が大きく変わる

 一位になることと二位になることは雲泥の差
 一位会社の経常利益は、2〜4位の3〜6倍

一位有利の4原則
 営業経費のダウン
 口コミ率アップ
 同業者からのお客の移動
 新規開拓に有利

社長の実力は良い教材と学習会数で決まる
 学習効果=素質✕教材の質✕学習回数
 最も大事なテーマについては30〜50回は学習する。

強者の戦術
弱者の戦術

続きもまとめてたんですが・・
ブログの不具合で消えてしまったもういいか^^;

◆読んだ感想

経営資源が限られた自分、更には色んなことに手を出して、
絞りきれていない自分にとっては、かなり耳が痛い話。

分野を絞って、一番になれる場所を作って、
集中的に資源を投下していく。

このやり方をしないと弱者が勝つことはできないと。

固定費が少ないから、負けるということが少ないものの、
大きく儲けるということもできてないという現実。

どうにかしないといけないなあ。
sponsered link




sponsered link

posted by やすボーイ@成功コンサルタント at 2013年08月05日 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:起業、ノウハウ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/371159692
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最近の記事
カテゴリ
サイト内検索です^^
カスタム検索
with Ajax Amazon