過去問題
47点 やべー 結構勉強したのに 見たことない問題がちらほら
一週間きってるのに13点も足りないなんて・・・こりゃマジでやばい 今回駄目かも;;;;

問い3は保留
正の整数の 10 進表示のけた数 D と2進表示のけた数 B との関係を表す式
2 B =10 D として、対数をとる。 log10 2 B =log10 10 D
B log10 2=D log10 10
D B log10 2
浮動小数点表示では、仮数部の最上位けたが0以外になるように、けた合わせすることを正規化という。この操作によって、仮数部の有効数字のけた数増やすことができ、精度を上げることができる

母平均=(割合を求めるデータ−平均)÷標準偏差
   =( 5.0 − 5.2 )÷0.1
   =− 2 正規分布なので、表の2 の p の値は、0.023 になるよって、生産された製品の不合格品の割合は 2.3 %となる。

11以降の問題
13、14は保留

論理回路

 A  

 B  

 A AND B  

 A NAND B  

 A OR B  

 A XOR B  

 0  

 0  

 0  

 1  

 0  

 0  

 0  

 1  

 0  

 1  

 1  

 1  

 1  

 0  

 0  

 1  

 1  

 1  

 1  

 1  

 1  

 0  

 1  

 0  


命令語に関する記述
・命令の種類によっては,オペランドがないものもある
・命令語長が長いと命令コードに割り当てられるビット数が多くなるが、命令コードに割り当てられるビット数が決まっていれば、命令の種類は同じである。
・命令語の長さは、2, 4, 6 バイトなどがあり、一定ではない
・オペランドの個数は,その命令で指定する主記憶の番地の個数とは無関係

オペランド コンピュータプログラミングにおいて、演算の対象となる値や変数のこと
例えば「A+10」という式では、「A」と「10」がオペランドで、「+」がオペレータである。

21問以降
アクセス時間の最も短い順に並べる

[短い]                            [長い]
CPU のレジスタ > CPU の2次キャッシュメモリ > 主記憶 > 磁気ディスク

Bluetooth 接続コードを使用せずに,手元の PC から,間仕切りで隔てられた隣の PC へ画像ファイルを転送したい。このとき,利用できるインタフェース

 IEE1394 は、ハードディスクや DVD、ディジタルビデオなどのマルチメディア機器を高速にデータ転送することができる
 IrDA は、ディジタルカメラや PDA(携帯用情報端末)などと赤外線を使って通信を行う。

ベクトルコンピュータは、大量の計算を高速で行うために作成されたコンピュータで、複数の処理を並列実行することが可能
一つの命令で配列中の複数のデータを同時に演算する。

プロセッサの制御機構
アキュームレータ 演算機構に分類、演算結果を一時格納する所。
加算器 演算機構に分類、加算を行う。
補数器 演算機構に分類、補数をもとめる。

命令デコーダ 制御機構に分類、命令を実行するための指示を与える。

セマフォを用いる目的 共有資源を管理する
複数の利用者が共有ファイルなどへのアクセスを同時に行った場合の制御を行う機能のこと

NAS(Network Attached Storage)の特徴
NASは、ネットワークに直接接続する形式の補助記憶装置
サーバとストレージとの間は、ファイルごとにデータのやり取りを行う。
サーバとストレージはネットワークで接続され、複数のサーバからストレージを共有することができる
複数のプロトコルに対応しているので,異なる OS のサーバ間でもファイル共有が可能
ファイルの改ざんを防止することができない

フォールトトレラントシステム システムが部分的に故障しても,システム全体としては必要な機能を維持するシステム

PPT サーバの物理的な位置を意識せず、プログラムの名前を指定するだけでサーバのプログラムの呼び出しを可能にする。
NAT 社内のプライベート IP アドレスをグローバル IP アドレスに変換しインターネットアクセスを可能にする。
DNS サーバ ドメイン名やホスト名などと IP アドレスとの対応付けをする。

DHCP サーバ パソコンなどからの IP アドレス付与の要求に対し、サーバに登録してある IP アドレスの中から使用されていない IP アドレスを割り当てる。

41問以降
Java Servlet は、Java で作成されたプログラムをクライアントの要求に応じて、 Web サーバ上で実行するものである。

Java アプレットは、クライアントのコンピュータ上で実行される。

大規模な Web サイトを構築する場合には,Web サーバに加えてアプリケーションサーバを用いることが多い。この理由
Web サーバだけよりも,システムの変更,増強が容易になるから

再利用に関する記述
再利用可能な部品の開発は,同一規模の通常のソフトウェアを開発する場合よりも工数がかかる
大きい部品と小さい部品のどちらがよいかは、開発するシステムによって異なる。
部品を再利用したときに削減できる工数は、部品の大きさに反比例することはない

スパイラルモデル 開発サイクルごとにリスクを最小にしながら,開発サイクルを繰り返すことによって,システムの完成度を高めていくプロセスモデル

スパイラルモデルとは、ウォータフォールモデルとプロトタイプモデルを組み合わせたモデルである。各工程で完成度を高め、確実に開発していく手法

成長モデル 仕様変更に応じて、次第に成長させていくプロセスモデル

モジュールの結合度は、

 データ結合 < スタンプ結合 < 制御結合 < 外部結合 < 共通結合 < 内容結合

51問以降〜〜

HDLC手順に関する記述
文字符号だけでなく,任意のビットパターンも伝送可能である。

ARP(Address Resolution Protocol)は、IP アドレスから MAC アドレスを得るために用いられるプロトコル


IP アドレス 192.168.10.10 のアドレスクラスはどれか?
IP アドレス 192 を2進数にすると 1100 0000 となる。

 クラスAの IP アドレスは先頭のビットが0クラスBの IP アドレスは先頭のビットが10クラスCの IP アドレスは先頭のビットが110となるので 192.168.10.10 は、クラスC

MIME( Multipurpose Internet Mail Extension ) は、インターネット、イントラネット上の TCP/IP ネットワーク上で送受信される電子メールを利用国の母国語や画像、音声、動画等で扱うための国際規格

ATM 交換方式 あらゆる種類のデータを,セルと呼ばれる固定長のブロックに分割して伝送する方式である。
ルータ LAN 間接続において,経路の設定やプロトコル別のフィルタリングを行う方式


ルータ OSI 基本参照モデルの第3層(ネットワーク層)で接続し、パケットを中継する
ブリッジ LAN を OSI 基本参照モデルの第2層(データリンク層)で接続し、MAC アドレスによるパケットのフィルタリングを行う
ゲートウェイ OSI 基本参照モデルの第4〜7層のプロトコルが異なる LAN 同士を接続する

ビュー??


61問以降
データベースのログファイルはジャーナルファイルともよばれ、データの更新前後の値を書き出した更新記録
ダンプファイルは、ファイルやメモリの内容を出力したファイル

プログラムが正常に動いているときに一定時間間隔、あるいは特定の実行のたびにそのときの状態を再現するのに必要なレジスタ、記憶領域の内容などを補助記憶領域に記録しておくことをチェックポイント

ハードウェアの障害などに備えて、ハードディスクの内容を他の媒体に保存したファイルをバックアップファイルと呼ぶ


メッセージダイジェストの利用目的
ディジタル署名などに利用されている技術で、メッセージが改ざんされていないことを保証するために使う。

Webビーコンは、Webページに埋め込まれた情報収集用の小さい画像のことである。ユーザのアクセス動向などの情報を収集するために用いられる

ネットワークシステムのセキュリティ対策に関する記述

問71以降〜〜

ステークホルダー(英語Stakeholder)とは、企業や行政などに対して、利害関係がある個人や法人のことで、利害関係者のことである。 企業であれば、消費者、企業の従業員、株主、得意先などを指す

需要数に対して、仕入数が少なかった場合、売り上げの減少をおこなすことを機会損失という

連関図法 複雑な要因の絡み合う事象について、その事象間の因果関係を明らかにする方法

系統図法 目的、結果などの最終目標を設定し、この最終目標に到達するための手段・方策を順次展開し、問題解決への最適手段・方策を追求していく方法

アローダイアグラムとは、作業の前後関係を整理して矢印で結んだネットワークを作成し、工程上のネックを発見して日程計画に役立てるもの

PDPC法 システムの運用設計においては,運用操作ミスを防止するために,あらゆる場合を想定した設計を行うことが大切である。これまでの経験を生かしながら,未知の状況を先読みして対処手順の検討,問題点の所在の確認を行う必要がある。これをまとめるときに活用できる手法

散布図 2変数を縦軸と横軸にとり,測定された値を打点し作図して,相関関係を見る
パレート図 値が大きい順に並べた棒グラフとその累積構成比を表す折れ線グラフを組み合わせたグラフ
ガントチャート
レーダチャート

モンテカルロ法 乱数を応用して,求める解や法則性の近似を得る手法

×共同開発によるプログラムの著作権は,開発費用を負担した割合に従って権利が帰属する。
共同開発によるプログラムの著作権は、通常、共同開発を行った人にある。

○著作物を作成するために用いるプログラム言語や規約は,著作権法による保護の対象外である。




sponsered link




sponsered link

posted by やすボーイ@成功コンサルタント at 2007年10月16日 02:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
カテゴリ
サイト内検索です^^
カスタム検索
with Ajax Amazon
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。