会社の面接でC言語のテストみたいなのがあって、それで撃沈した;;やばやば
(落ちた理由が、テスト関係ないかもしれないけど)

かなり前のプログラミング始めるころに入門書を読んで勉強して、
簡単なプログラムを組んだだけで他の言語勉強しだしたって感じで、

C言語に似たyanescriptやPerlなら結構最近もやっていたからいけるかなあと思っていたが、
テストの感触は、全然駄目で撃沈した。

ポインタを完全にわかっていなかった(忘れてた)ってことに気付いたし、
いつも本見ながらやっていたので、なにも参照しないでやるっていう所につまづいた。

で、一応急いで入門書を見直してポインタなどをおさらい。
とりあえずプラグらミングの基礎はCだからCを使った勉強をしようと、
とりあえず基本情報技術者の資格の午後問題から解いていってる。

ちなみに体調の方は、現在少し良くなっている状態です。
青竹踏みとカイロプラクティックと低周波治療器(最近買った)を併用しています。
新版 明解C言語 入門編新版 明解C言語 入門編
柴田望洋

解きながら学ぶC言語 新版 明解C言語 実践編 図解C言語 ポインタの極意 新版 C言語によるアルゴリズムとデータ構造 C言語ポインタ完全制覇 (標準プログラマーズライブラリ)

sponsered link




sponsered link

posted by やすボーイ@成功コンサルタント at 2007年12月28日 18:15 | Comment(2) | TrackBack(1) | プログラミング関係
この記事へのコメント
C言語から入った僕としては、
PerlはCとは全然違う文化圏といった感じです。
C言語って、今の他の言語からすると、
アセンブラ寄りですよね。
ポインタがある、自分で確保したメモリは
自分で解放する、インラインアセンブラなんて
ものまである。
……やはり、ハードウェア寄りの部分に
造詣がある人の方が使いやすいのかもしれませんね。
大学でシステムプログラミング演習って
やっていましたが、OS書くのに向いている言語ですね。
そうでない場合、最近のJavaやRubyのように
メモリを自動で解放してくれる(ガベージ
コレクション)言語の方がいいですかね。

やはりいまどきのC言語は、
ある程度アセンブラ的な考え
(メモリのアドレス的考え)が必要になると
いえますね。

でも、組み込み系の世界では未だにCが
現役ですし、やすさんがCを使えると
素晴らしいと思います。
じっくり腰をすえて、勉強してください。
応援しています。
Posted by 神無月サスケ at 2007年12月28日 22:24
>組み込み系の世界では未だにCが現役
そうだったのですか知りませんでした;;
実はそこ組み込み系のところだったのです。

PGでも組み込みの方が、高度というかいろいろな知識が問われるみたいなので、一応理系の勉強してきた自分にとっては、そっちの方が差別化できるかなあと思ってそっちの会社の面接を最近しているのです。

>応援しています。
ありがとうございま〜す
ムンホイ移植の方も応援しています^^
ちなみに僕はムンホイに影響を受けてゲーム製作熱の方も心の中では冷めていません。
いつか世界が転げるようなものを作りたいと思っています^^。でもいつになることやら・・
Posted by やす at 2007年12月29日 04:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

図解C言語 ポインタの極意
Excerpt: 図解C言語 ポインタの極意 Cをほんとに一通りやっただけで読めてしまう。 ポインタならコレ。 Cの文法書は多々あれど、ポイ...
Weblog: もぼなもな書房
Tracked: 2009-05-21 18:04
最近の記事
カテゴリ
サイト内検索です^^
カスタム検索
with Ajax Amazon
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。